スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

上海旅行の思い出・マンゴープリン 

アジアンスイーツの王様「マンゴープリン」!

タイ産のマンゴーを使い、ふくよかなマンゴーの香りと甘さを十分にひ

きだしおなじみの人気メニューに仕上げました。

IMG_0582.jpg

上海の旅行ではウエスティンホテル・ 新天地の夜上海でいただきまし

た。果肉がゴロゴロ入っていて、少し重い感じのマンゴープリンでし

た。今日のマンゴープリンは果肉の半分をピュレ状にし、残りをミキサ

ーで荒くかけたのを合わせ、甘さをひかえめにしました。

エバミルクをかけるとまた美味です。 マンゴーに目もくれない主人も

「これは美味しい」と気に入ってくれたマンゴープリンです。

IMG_0567.jpg

お土産に頂いたジャスミン茶と台湾の梅茶を添えてマンゴープリンを

頂きました。
スポンサーサイト

Posted on 2007/07/31 Tue. 12:58 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

上海旅行の思い出・胡麻葱ぱん 

IMG_0530.jpg

長江(揚子江)の河口に位置し、新鮮で豊かな食材に恵まれた上海。

上海のお料理教室でお稽古した胡麻たっぷりのパンを復習しました。

IMG_0537.jpg

このサクサク感が上手に出来るようになり感動しております。

私のレシピは補足の部分と先生が書いて下さる北京語と絵で、とても賑 

やかになっております。でも先生がとても優しくわかりやすく説明して

下さるので、授業にやっとついていけました。

上海で思いました、息子の出来の悪さは、きっと私に似たのだと反省

しました。毎日乗って通った自転車、今はとても懐かしいです。

IMG_0570.jpgIMG_1526.jpg

Posted on 2007/07/27 Fri. 21:31 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

上海旅行の思い出・上海冷麺 

IMG_0574.jpg

上海の友人宅に居候をして、お料理の勉強に行って来ました。

毎日2駅先のお教室まで自転車に乗り、上海人になりきっていたら「ア

ン二ョンハセヨ」と挨拶され韓国人に間違われ、ちょっとしょっく!

今回の旅行ではまった麺料理をそうそうに作ってみました。

今年の上海は猛暑で食堂の冷麺が大人気です。上海人が夏場に食べる代

表的メ二ューの上海冷麺です。冷麺といっても、決して冷えているわけ

でわなく、常温で食べるのが普通です。タレは花生醤・酢・醤油が中心

で炒め物を乗せて頂くボリュームたっぷりの麺料理です。

IMG_0575.jpg

IMG_1531.jpgIMG_1533.jpg

お料理教室の近くにある上海冷麺のお店です。ここの冷麺をアレンジし

てみました。お店の冷麺の価格は6元(約100円)でした 。  

Posted on 2007/07/26 Thu. 22:24 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

豚肉まん 

IMG_0514.jpg

中華まんの名でおなじみのパオズ、「餡」のバリエイションは無限です

が、お茶か簡単なスープがあれば立派な食事になります。

少し多めに作り、子供の朝食にしたりおやつにしたりしています。

IMG_0518.jpg

フワフワの白い皮の中に肉餡がぎっしりつまっています。

見た目は段ボウル入り肉まんのようです。


IMG_0488.jpg

フィシュヘッドと瓜のスープ

魚の頭から美味しい味が出て、瓜はクタクタに柔らかくなります。今日

は湿度が高いのでトマトを加え少し酸味をつけてみました。これは香港

の家庭でよく作るスープで、肉まんともよく合います。

Posted on 2007/07/17 Tue. 23:36 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

海鮮と春雨の煮物 

IMG_0069.jpg

見かけは春雨を使った中華風パエリヤ!豆板醤で豚肉・あさり・海老を

炒め、スープを注ぎ、軽く煮えたところで汁気だけを別鍋の春雨に注ぎ

調味して煮込みます。十分にダシを吸ったところであさりなどを春雨の

上に戻し、蓋をして煮立ちさせます。海鮮の味を吸った春雨が特に 美

味しく、この季節ビールにもよく合います。

Posted on 2007/07/13 Fri. 22:32 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

蝦の腸粉 

IMG_1399.jpg

「アッ これって飲茶にある!」これは広東点心の「腸粉・チャンフェ

ン」です。米を水挽きして希釈したものを型に薄く広げて蒸し、蝦の餡

をのせてクルクル巻いたものです。タレは先日作った甜醤油を加えて

濃厚なタレに仕上げました。

餡の種類は牛肉・帆立・チャーシュウなどさまざまです。

皮がプルプルしたのが最大の魅力で、口に入れた瞬間は二ュルとした食

感です。数多い点心の中でも常に一定の人気があります。

Posted on 2007/07/12 Thu. 20:34 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

雲白肉(ウンパイロウ) 

IMG_1401.jpg

昨日作ったタレ「甜醤油」を使い四川を代表する前菜料理を作りまし

た。茹でてまだ温かい豚バラ肉をごく薄く切ってお皿に並べ、甘みのあ

るタレをかけたものです。

豚の身のジューシーさと、脂の美味しさに甜醤油のキャラメル系の風味

二ンニク・ラー油・酢の酸味、この季節にはピッタリなお料理で、ご飯

もお酒にも合います。

IMG_0493.jpg

雲白肉を食べ終った後に、お皿に残るタレは、お肉のうまみもあるので

我が家ではおそばで合えて最後に食べます。

Posted on 2007/07/11 Wed. 22:02 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

帆立貝のシュウマイ 

IMG_1241.jpg

日本では、シュウマイといえば豚肉やえび餡にしたものがポピュラーで

すが、中国では牛肉・蟹・餅米・青菜なども餡の材料としてよく使われ

ます。このシュウマイは歯ごたえをのこす程度のクワイも加え、彩りに

旬の枝豆も入れました。粘りが出るまでよく混ぜて、あとは包んで蒸す

だけ。まとめて作っておいて、冷凍保存するのも良い方法です。

忙しいときは、大助かりになること請け合いです。

IMG_0496.jpgIMG_1395.jpg

甜醤油(香り甘醤油)

醤油、砂糖などに桂皮、八角、陳皮などの香料を多めに入れて、とろ火

でとろりとするくらいまで煮詰めたもの。甘みが強いが非常に香りが良

く、主に冷菜用調味料として使われます。香料にはそれぞれ薬効があり

いわば漢方の煎じ薬のようなものなので、食欲増進・健胃整胃・消化促

進などの効能があります。我が家は夏になると毎年この香り甘醤油が大

活躍します。


Posted on 2007/07/10 Tue. 21:59 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

チヤーシュウ饅頭 

IMG_0478.jpg

パカツと口を開いたような蒸し上がりが特微なお饅頭です。

フワフワの白い皮の中に、広東又焼を入れて少し甘えの具にしました。

お茶か、簡単なスープがあれば立派な食事になります。

お茶は濃厚な風味のプーアール茶、しっかりした味付けのチャーシュウ

饅頭によく合います。

IMG_0481.jpg

粉と水の基本材料なのに、パカッと割って食べたときは感動の味わいで

す。そしてなにより作る過程がおもしろく、粉遊びに夢中になります。

Posted on 2007/07/09 Mon. 23:45 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

たことクレソンの葱風味 

IMG_0439.jpg

スライスしたたこと、タップリの葱とクレソン。

味はザーサイの千切りだけ。この合わせた中に熱々のピーナッツ油を 
  
ジュー~とかけます。簡単にできるサラダです。我が家ではたこの代わ

りに蒸し鶏の解し身を加えることもあります。

IMG_0464.jpg

残りのクレソンの茎を使いコラーゲンタップリの「鶏手羽先とクレソン

のスープ」をつくりました。

IMG_0471.jpg

鶏手羽先は美肌効果にもよいコラーゲンたっぷりのスープです

骨からのコラーゲンがさらにスープにとけ効率よく吸収できます。

クレソンは広東料理に多く使われ、その中でもとくにスープによく用い

られます。時間をかけてじっくり煮込むと、見ためはわるいのですが、

食べては美味しいです。クレソンは肺をうるおし、解毒作用・利尿作用

があります。中国では風邪をひいたとき、熱冷としてクレソンのスープ

を飲みます。

Posted on 2007/07/07 Sat. 22:49 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

豆腐と海老すり身蒸し 

IMG_1364.jpg

海老と豆腐は相性のよい組み合わせ、タンパク質が高く消化のいい豆腐

料理です。蒸し上がった瞬間が美味しい料理は、せいろから出してその

ままテーブルへ出したいものです。蒸って実は、とても楽な調理法だと

思います。器の中で湯気にまかせて料理が完成します。

IMG_0458.jpg

ご近所の方から苗を分けて頂いたランタナ。

多年草で花の色が七変化し、今後が楽しみで~す。

Posted on 2007/07/06 Fri. 00:01 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

牛肉の黒胡椒炒め 

息子が「テスト前なのでおいしい肉食べた~い!」と・・・・

親ばかなので言いなりになり奮発してしまいました。

IMG_1358.jpg

今から10年前は、オランダから輸入された大きく肉厚なジャンボピー

マン。鮮やかな明るい色とさわやかな酸味のある赤ピーマンを使い、

さしの入った黒毛和牛のロースと合わせて、胡椒と醤油の香ばしさを加

えたまさに新しい中華の一皿です。

IMG_1359.jpg

黒胡椒は荒く挽いて、赤唐辛子よりも黒胡椒の香りと辛さが2つの素材

の甘さをスキッと切ってくれます。そして、肉の火の入れぐわいは、ミ

デアムレアになるように炒めます。

IMG_1357.jpg

昨年の夏に行た香港で、衝動買いした今一番お気に入りのお皿です。

Posted on 2007/07/05 Thu. 00:04 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

楊枝甘露・タピオカマンゴーシロップ 

IMG_0434.jpg

夏のフルーツいっぱいの香港スイーツ!

だんだん蒸し暑くなり、体もだるさを感じるようになるこれからの季節

とびきり美味しい薬膳スイーツはいかがですか。

マンゴーとグレープフルーツの酸味と苦味がとても合うことに驚かせら

れます。かくし味に桂花陳酒を加えてみました。

IMG_0436.jpg

マンゴースカッシュ・・・・今月のお教室のウエルカムドリンク。

食感を楽しむためにグラスの底にタピオカを入れ、ミキサーにかけたマ

ンゴーを炭酸水で割りました。

Posted on 2007/07/04 Wed. 17:15 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

蓮の葉のちまき(広東ちまき) 

IMG_1373.jpg

もち米で作たホクホクのちまきです。蓮の葉で包んだちまきは味も抜群

ですが、雰囲気も楽しめます。

IMG_1375.jpg

最初は蓮の香りが強く、好き嫌いがあるかもしれません。

蓮の葉の香りが何ともいえず、味のしみたもち米と豚肉のハーモ二ーが

食をそそります。

IMG_1337.jpg

友人宅で一品持ち寄りパーティーです。

子供たちが小さいときは穴だらけのお庭も、今ではすてきなお花やハー

ブが植えてあります。

IMG_1339.jpgIMG_1338.jpg

子供が幼稚園からのお知り合い10人でのパーティー。昼シャン(お昼

からシャンパーニュを飲むこと)をしながら美味しいお料理を頂きま

した。食べるよりお話のほうが進み、楽しい時間はとても短く感じま

す。

Posted on 2007/07/03 Tue. 21:53 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

油あえ麺 

IMG_1350.jpg

香ばしい葱油を茹でた麺にからめ、ザーサイ・干し海老などのみじん切

りを混ぜながら食べるあえ麺です。油の香りとコクが味のきめて!

しつこさはなく、むしろサッパリしてご馳走やお酒の後に良いです。

IMG_1347.jpg

葱油は瓶に入れて冷蔵庫で保存します。

IMG_1392.jpg

頂き物のザボンの砂糖漬けと金せん茶で週末の午後のティータイムです

IMG_1394.jpg

新茶の金せん茶です。バターの香りがして私は大好きです。

Posted on 2007/07/02 Mon. 00:22 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

2007-07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。