スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

ちまき・あんまん 

IMG_0524.jpg

ちまきは日本でも人気の高いお料理です。具は色々と変えられ、開ける

前に中の具を想像するのも楽しいです。

IMG_0531.jpg

蒸し上がったもち米の、ねっとりした美味しさも魅力です。

IMG_0563.jpg

あんまんも作りました。実は今日から、家族をおいて香港へお料理の勉

強へ行ってきます。留守の間、重宝するように冷凍ができ物を用意しま

した。





スポンサーサイト

Posted on 2007/08/24 Fri. 01:35 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

口水鶏・コウシュイジー(よだれ鶏) 

IMG_1233.jpg

「口水」唾液・よだれのこと。見ただけでよでれが出てくるほど美味し

そうな鶏料理、という意味。特徴は香りの良い作りたてのラー油をたっ

ぷりと使ったソースです。切り別けた鶏が真っ赤なラー油に浮かぶソー

スにとっぷりと浸り、見るからに食欲をそそります。ラー油の香りと味

がポイントになるので作り置きはできません。

IMG_1506.jpg

ヒユ菜のニンニク炒め・・・ヒユ菜は「緑」と「紅」があります。

火を加えると赤緑の色素がにじみでて、初めての人は驚くと思います。

見ためのインパクトは断然、紅のヒユ菜です。

Posted on 2007/08/20 Mon. 21:15 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

ガトガト風味のジャージャー麺 

IMG_0700.jpg

ゆで野菜をピーナッツ風味のタレで食べるインドネシアのサラダ、ガト

ガト。このピーナッツソースとジャージャー麺のソースを合わせアレン

ジしました。ピーナッツソースの甘さで子供にも食べやすくなりまし

た。残りのソースは温野菜にかけても美味しいです。

IMG_0634.jpg

ビニール袋に入ってキッシュな上海の甜麺醤。日本の甜麺醤より水ぽい

ですが味は良いです。料理研究家の村田ゆうこさんにさしあげたら、喜

んでいただきました。よかった!

Posted on 2007/08/17 Fri. 08:39 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

野菜まん・プーアル茶と手羽先のスープ 

IMG_0716.jpg

上海で食べた野菜まんは、塩味の野菜だけのお饅頭でしたが、今日の餡

は、小松菜と甘みを加えるために海老も入れてみました。

コンビにのピザまんとかカレーまんは中国にはありません。目黒五十番

では25種類の餡のお饅頭があります。大型の蒸篭から湯気をほかほか

立てている光景も、横浜に行けばおなじみですが、日本人は中国人より

中華まん好きなのかもしれませんネ!

IMG_0712.jpgIMG_0713.jpg

上海の調理道具市場で買った蒸篭と蒸篭の中に入れるペーパーです。

点心の生地に飾りをつける道具です。よーく見ると野菜まんの生地にギ

ザギザがあります、これはこの道具を使いしました。この道具は市販品

はありませんのでオーダーで作りました。

IMG_0714.jpg

プーアル茶と手羽先のスープ

透明な味わいの美和スープです。表面の油を丁寧にとればもっとすき通

ります。茶の渋み、苦味が良い感じ。今日のように猛烈に暑い日には、

ゆっくり体にしみわたります。

Posted on 2007/08/16 Thu. 12:03 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

牛肉と豆腐の四川風煮物・ツルムラサキの炒め物 

IMG_1580.jpg

まったく暑い日が続きますネ。ご近所はお盆でみなさんいないようで

すが、毎年いるのは我が家だけみたいです。

あまりの暑さなので、ご飯にかけても食べられるものを作りました。

お豆腐を大きめに切り、細かく切った牛肉と共にトウバン醤で煮込み、

黒酢と中国花椒を利かせて仕上げました。四川料理の典型的な味です。

IMG_0704.jpg

ツルムラサキは熱帯アジアの真夏の野菜で、ほこりっぽい匂いとぬめり

が、オイスターソースの濃厚な味で調理するとおいしいです。

青ものの少ない夏にはぜき食卓に登場させたいです。

Posted on 2007/08/15 Wed. 08:49 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

生のりと海鮮の冷やし中華 

IMG_1585.jpg

生のりの旨みを逃がさず、風味豊かに黒酢と海鮮で合わせ、磯の香りと

食感が楽しめる味にしました。麺は上海の友人がお土産に下さった、一

押しの卵麺です。

IMG_0709.jpg



Posted on 2007/08/14 Tue. 23:58 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

パパイヤミルク 

残暑お見舞い申し上げます。

毎日、暑い日が続いておりますネ!

IMG_0708.jpg

台湾で日常的に飲まれるフルーツ飲料。

パパイヤと砂糖(今日は蜂蜜)牛乳をミキサーに入れてガーーとするだ

け。素朴な味わいで屋台などでは¥100位です。

台湾では「台北牛乳大王」の「木瓜牛乳・パパイヤミルク」が美味しい

と思います。ちなみにパパイヤミルクは豊胸効果があるとかないとか?


IMG_0706.jpg

上海で買ってきた大粒のタピオカ、要冷蔵ですが5分で茹で上がります。

思いたったときすぐ使え便利です。

Posted on 2007/08/13 Mon. 15:14 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

挽肉バジル丼・紫米のお汁粉 

IMG_0678.jpg

お庭のバジルがボールいっぱい取れました。新鮮な内にバジルソース・

バジル味噌を作りながら昼食は挽肉バジル丼です。

息子はご飯にしみたタレが旨い!とおかわりし、バジルの香りを楽しん

でいます。

IMG_0504.jpg

我が家は紫米のお汁粉にアイスクリームを添えて食べるのが大好きです

が今日は黒い色をいかすためにココナッツパウダーと大きいタピオカを

加えました。紫米は強い生命力があるとされ、補血効果があります。

IMG_0506.jpg

紫米は中国では薬膳料理として古くから利用されています

Posted on 2007/08/10 Fri. 20:30 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

梨と白キクラゲの糖水(スィートスープ) 

IMG_0593.jpg

梨と透明な白キクラゲを浮かべた繊細な糖水スープ。

コリコリした歯ごたえを添える白キクラゲ。梨は喉・肺を潤します。

冷たい飲み物を多くとるこの季節、温かいスープもいいですヨ!

IMG_0684.jpg

白キクラゲは中国では昔から咳止めや美肌効果がある漢方食材として有

名です。肌のきれいな香港の女性は、定期的に白キクラゲの入ったスー

プを飲んでいます。驚くべきことに白キクラゲのコラーゲンには含有量

はツバメの巣に匹敵するそうです。新陳代謝・便秘・むくみに効くとい

う女性にはうれしいずくめです。冷やしても、温かいままでも美味しい

デザートです。


Posted on 2007/08/09 Thu. 23:43 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

御田町 桃の木 

IMG_1604.jpg

やっと予約がとれ、今話題の中華「御田町 桃の木」に行ってきました

IMG_1603.jpg


店舗の外かんも中華料理店ぽくなくドアを開けたときの挨拶も、お寿司

屋さんのようです。今夜もやっぱり予約でいっぱいです。

IMG_1591.jpgIMG_1592.jpg

IMG_1593.jpgIMG_1597.jpg

IMG_1598.jpgIMG_1601.jpg

全体的に私好みのヌーベルシノワ系のお料理です。ワインリストも充実

し、お値段もリーズナブルで、かつお店の方も感じがいいです。

それぞれのお料理はどれも美味しく満足度も高いです。

Posted on 2007/08/08 Wed. 21:53 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

オクラとエシャロットの薬膳味噌 

IMG_0658.jpg

早起きをして、川崎南部市場へ行って来ました。生徒さんのお父様が

お店を出しているので有機栽培の美味しい野菜をわけて頂きました。

世田谷区・梅ヶ丘の中華料理店「瑞雪・ズイセツ」のオーナーに頂いて

から気に入って使っている「薬膳味噌」を合わせてみました。


IMG_0620.jpg

この「薬膳味噌」は無添加なので、いろいろなお料理に重宝します。

なつめ・クコの実・松の実・にんにく・生姜などの薬膳素材を使い、合

わせ味噌と三温糖・アカシヤ蜂蜜でこくを出しています。ご飯によく合

い、お粥、焼きおにぎり、お魚のソティーにはバターと合わせてソース

に使い、マヨネーズとニンニク汁を加えてデップにしたり、サラダ用ド

レッシングにも使えます。


IMG_0609.jpgIMG_0618.jpg
IMG_0619.jpgIMG_0624.jpg

市場でみつけたオクラ、有機栽培で作られた山梨産。切り口がとても

きれいで手で触ると産毛も感じられる位新鮮です。夏の風物詩、鈴虫ま

で買ってしまいました。しばらく我が家のアイドルになりそうです。


Posted on 2007/08/07 Tue. 17:41 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

愛玉子のゼリー 

IMG_0662.jpg

「アイタマゴ」?違います。「オーギョウーチー」と読みます。

愛玉子と聞いてピンとくる方はかなりのアジアンスィーツ愛好家です。

日本ではまだまだ馴染みがないですが、台湾では昔から人気の高いスイ

ツで、プルプルの食感をもつ不思議な天然ゼリーです。レモンシロッ

プをかけていただくのがポピュラーですが他にはワインをかけても美味

しいです。

IMG_0653.jpgIMG_0655.jpgIMG_0657.jpg

愛玉子とは台湾の高山(阿里山)にしか生息しない希少な果実のことです

その果実の種を水に浸してもむと、含まれている天然のペクチンにより

自然と寒天状に固まります。「医食同源」で肝臓にいいといわれるほか

便秘にも効果があるそうです。カロリーはお米と同じ位あります。


IMG_0672.jpg

暑い日には、愛玉子入りライチースカッシュでスッキリもいいですネ!

Posted on 2007/08/05 Sun. 17:48 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

上海旅行の思い出 雪菜と豆腐干の炒めもの・冬瓜と鶏手羽先のスープ 

IMG_0636.jpg

上海料理の前菜によく出てくるお料理です。簡単で素材の味が生きてる

さっぱりとした炒め物です。味のない豆腐干に漬物の味がよく入り、比

較的ご飯・麺類のトッピングにもおすすめです。

(今日は雪菜を切らしてしまい高菜漬けを代用しました。)

IMG_0651.jpg

冬瓜と鶏手羽先のスープ

冬瓜で体の熱をとり、鶏手羽先でコラーゲンをタップリ食事でとります

私は3日に1回はこのようなスープを飲んでます。

IMG_1569.jpgIMG_1568.jpg

IMG_1570.jpgIMG_1538.jpg

上海の友人が毎日作る漢方スープです。羨ましい位広いキッチンです。

中国の冬瓜は日本の3~4倍大きいです。

Posted on 2007/08/03 Fri. 22:25 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

上海旅行の思い出・蝦と金糸瓜の煮物 

IMG_0604.jpg

シャングリラホテル・広東料理「福臨門」で頂いたお料理を思い出して

作り上げました。金糸瓜は軽く茹で身をほぐします。ほぐした状態が 

糸状になるので糸瓜ともいいます。ほぐし身を口にすると切り干し大根

を茹でた後のサクサクした食感です。

IMG_0608.jpg

塩味のスープで軽く煮てから、油通うしをした蝦を加えてトロミをつけ

ました。彩りも味わいもさわやかで、品の良い一品です。

IMG_1452.jpgIMG_0611.jg


上海の友人が、暑い日は毎日飲んでいた菊茶を入れました。

少し苦味があるが、夏には見た目も涼しそうでスッキリ飲めそうです。


Posted on 2007/08/02 Thu. 15:45 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

上海旅行の思い出・腐竹とピーナッツの合えもの 

IMG_0596.jpg

上海から帰国する前日、買い忘れた品物を近所のスーパーへ買いだしに

行ったとき、店頭販売しているおばさんに試食をもらい「うん!美味し

い」と感じ、そく腐竹とピーナッツをかごの中へ。つたない北京語とノ

ートで執段して作り方を教えて頂きました。

ピーナッツは生なのでフライパンでよく煎り風味と香りをだしました。

腐竹は水に半日つけて戻し、熱湯で軽く煮ました。腐竹が温かいうちに

タレに漬けるがポイントだそうです。タレのベースは醤油と酢とラー油

ラー油の代わりに夜上海オリジナルXO醤を加えてみました。

IMG_0599.jpg

あまりに美味しく出来上がり、息子と二人でお昼ご飯にぺロリと食べて

しまいました。主人には夕食にたたき胡瓜を加えて作ってみました。
IMG_0594.jpgIMG_0600.jpg

Posted on 2007/08/01 Wed. 15:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

2007-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。