雷祖会 

    名称未設定-1raisokai


 旧暦の6月24日に中華料理の調理師の皆さんが
 一同に会して行われるこの行事は、
 日頃食材として手荒に扱うことの多い生き物に感謝を捧げ、
 雷祖神(もともとは養蚕と絹の神様)に
 供養し怒りを鎮めようというものです。

 中国本土ではだんだんと
 このような行事がなくなっているようですが
 
 日本では毎年7月26日に横浜の中華街で
 開催されます。

 華僑会と日本中国料理協会が開催している雷祖会。
 今年は、気持だけは可愛いお姉さんになり
 受付仕事です。
 
 日本でありながら、北京語・広東語・英語などが飛び交い
 テレビや雑誌でお見かけするシェフが多い中
 いつも気さくな陳腱一さんに、ご苦労さんっと
 お声かけていただき、急にテンションが上がってしまった私・・・。
 

 雷祖会の会場に飾ってあります冬瓜のスタンド・提灯。
 大きい物は赤ちゃん位の大きさの冬瓜に彫刻がしてあります。

 毎年絵柄が変わるのでとても楽しみの一つです。




スポンサーサイト

Posted on 2011/07/26 Tue. 00:09 [edit]

CM: --
TB: --

top △

2017-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30